岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第14回 日本認知神経リハビリテーション学会学術集会にて発表しました。
第14回 日本認知神経リハビリテーション学会学術集会
http://www.ctejapan.com/syukai/syukai.html#prog
期日 2013年7月6日(土)~7日(日)
場所 門真市民文化会館ルミエールホール
門真市末広町29‐1
テーマ 「人間の学習」
学会長 川見清豪(東大阪山路病院)
準備委員長 奥埜博之(摂南総合病院)


一般演題
演題番号68
慢性期失調性片麻痺患者に対する抽象的概念化に着目した運動療法の一考察
◯坪井 祥一
理学療法士,医療法人社団友愛会 岩砂訪問看護ステーション



第14回 日本認知神経リハビリテーション学会学術集会にて発表しました。
「学習」という枠組みを持った視点から、
具体的な細部に取り組む前に、抽象的な概念形成を図りながら運動療法を行った過程について報告しました。

日本認知神経リハビリテーション学会学術集会では、
その発表の多くが、「症例発表(ケーススタディ)」の形式をとっており、
他のセラピストが、

どんな視点で治療しているのか、
何をしているのか、
どこを工夫しているのか、


が学べ、個人的に大変有意義な学会となりました。


また発表スタイルもポスター発表の1時間フリーディスカッションでしたので、
かなり多くのセラピストとのディスカッション、交流が図れました。


更に、
著名な研究者の方々と、セラピストとの特別セッションもあり、
大変豪華な学会でした。


川見学会長、奥埜準備委員長はじめ、
すべてのスタッフの皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。





岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
坪井 祥一
スポンサーサイト
○第23回 岐阜県理学療法学会にて発表します○
●第23回 岐阜県理学療法学会にて発表します●
当研究会からは4演題の発表となります。

また特別講演(市民公開講座)として、千里リハビリテーション病院 副院長の吉尾 雅春先生にお越し頂き、
「知れば知るほどおもしろい脳の話」と題し、ご講演頂きます。
是非、ご参加ください。


○演題名:右視床出血患者に対する理学療法の一考察
〜大脳-小脳連関・セルフエクササイズに着目して〜


○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂訪問看護ステーション 山田 竜也

○発表時間帯:第6セッション 第3会場 14:00〜

○座長:千鳥 司浩 (中部学院大学)



○演題名:重度運動麻痺・半側空間無視を呈した症例に対し、意図性を重視した歩行訓練の展開
〜神経解剖学を視点とした介入方法の考察〜


○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 淺川 義堂

○発表時間帯:第6セッション 第3会場 14:00〜

○座長:千鳥 司浩 (中部学院大学)



○演題名:覚醒向上に対して、網様体賦活系を利用し抗重力活動を実施した一症例

○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 西尾 知江子

○発表時間帯:第6セッション 第3会場 14:00〜

○座長:千鳥 司浩 (中部学院大学)



○演題名:慢性失調性片麻痺患者に対する意識経験に着目した運動療法の一考察

○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂訪問看護ステーション 坪井 祥一

○発表時間帯:第7セッション みのぎくホール(第1会場) 15:10〜

○座長:岩島 隆 (岐阜保健短期大学)




【第23回 岐阜県理学療法学会】

開催日:平成25年3月10日(日)

開催場所:岐阜県 羽島市文化センター
     〒501-6244 岐阜県羽島市竹鼻町丸の内6丁目7番地
     TEL 058-393-2231

テーマ:「 みる 〜理学療法における観察・分析〜」

主催:社団法人 岐阜県理学療法士会

運営事務局:医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ リハビリテーション科
      〒502-0812 岐阜県岐阜市八代1丁目7番1
TEL 058-231-2631
第48回日本理学療法学術大会、応募は平成24年11月6日(火)14時から!
第48回日本理学療法学術大会
http://www.congre.co.jp/jpta48/index.html


開催概要
テーマ
『グローバル・スタンダード』

会 期
平成25年5月24(金)~26日(日)

会 場
名古屋国際会議場
〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1番1号
TEL:052-683-7711 FAX:052-683-7777
URL:http://www.nagoya-congress-center.jp/

大会長
鈴木 重行
名古屋大学大学院医学系研究科 教授

大会事務局
名古屋大学大学院医学系研究科
〒461-8673 名古屋市東区大幸南1-1-20

運営事務局
株式会社コングレ中部支社
〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-13 栄第一生命ビルディング
Tel:052-950-3369 Fax:052-950-3370
E-mail:jpta48@congre.co.jp

演題応募期間
平成24年11月6日(火)14時〜11月20日(火)14時まで

演題採否通知
平成25年2月下旬ごろを予定


内容は変更になる可能性がございます。
詳しくは最新の情報を、ご確認くださいませ。
第48回日本理学療法学術大会
http://www.congre.co.jp/jpta48/index.html
第47回全国PT学会の抄録がJ-STAGEにて閲覧できます
第47回全国理学療法学術大会の抄録が、J-STAGEにて閲覧できます。


左被殻出血症例に対する理学療法の一考察
─大脳基底核の脳機能メカニズムを応用して─
坪井 祥一1), 淺川 義堂1), 田中 利典1), 森 憲司1), 岩砂 三平2)
1) 医療法人社団友愛会 岩砂病院第一 リハビリテーション科 2) 医療法人社団友愛会 岩砂病院第一 内科
https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2011/0/2011_Bb1420/_article/-char/ja/


よろしくお願い致します。
◯第47回 日本理学療法学術大会にて発表しました◯
●第47回 日本理学療法学術大会にて発表しました●


ご参加下さった皆様、誠にありがとうございました。

全国各地の先生方と意見交換ができ、大変有意義な学会となりました。

今後も、積極的に情報発信していける研究会でありたいと考えております。




講演番号: 1420

主演者: 坪井祥一

演題名: 左被殻出血症例に対する理学療法の一考察 ~大脳基底核メカニズムを応用して~

所属名: 医療法人社団友愛会 岩砂病院第一

専門領域: 神経理学療法

副分類: 脳卒中12

発表形式: 一般演題 ポスター

会場: 第11会場

座長: 池田 由美

発表日時:(開始) 2012/05/27 12:00

発表時間:(終了) 2012/05/27 13:00



【第47回 日本理学療法学術大会】
http://jpta47.jp/index.html

テーマ 「プロフェッション! 新たなるステージへ」

会期 2012年5月25日(金)~27日(日)

会場 神戸ポートピアホテル
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6丁目10-1
TEL:078-302-1111(代表) FAX:078-302-6877
http://www.portopia.co.jp/

会場 神戸国際展示場
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-11-1
TEL:078-303-7516 FAX:078-302-1870
http://kobe-cc.jp/tenji/index.html

大会長 八木 範彦 (甲南女子大学 看護リハビリテーション学部 理学療法学科)

主催 社団法人 日本理学療法士協会

担当 社団法人 兵庫県理学療法士会

大会プログラムはこちら
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。