岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●第14回定期勉強会のお知らせ●
●岐阜脳卒中リハビリテーション研究会主催●
●第14回定期勉強会のお知らせ●


【テーマ】
脳卒中理学療法と作業療法の変遷 ~これまでと、これから~

【日時】
H24年2月28日(火)
18:30~20:30(予定)

【場所】
平成24年2月1日より、岩砂病院は新病院へ移転いたしました!
会場をお間違えのないよう、ご注意ください。

※なお、定期勉強会参加の方は必ず北側駐車場(無料)、もしくは西側駐車場(100円/時間)をご利用頂きますよう、宜しくお願いいたします。
詳しくは、コチラをご覧ください↓
http://gifunousocchuureha.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

医療法人社団友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 3Fリハビリテーション室
(〒502-0812 岐阜県岐阜市八代1-7-1)

【受講費】
無料

【スペシャルゲスト】
永井 貴士 先生 
(OT 平成医療専門学院 作業療法学科 専任教員)

【コーディネーター】
坪井 祥一
(PT 医療法人社団友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ リハビリテーション科)

【内容】
 脳卒中のリハビリテーションは、これまで様々な治療形態が用いられ、歴史と共に発展・変化してきました。

 近年では、脳イメージング機器の発明や脳科学の台頭により、脳の可塑性などに着目した“ニューロリハビリテーション”に注目が集まっています。

 今回はスペシャルゲストとして永井 貴士先生(OT 平成医療専門学院)をお招きし、脳卒中理学療法と作業療法の歴史的変遷を振り返ってみようと思います。

 そしてその上で、我々は今後どのような治療形態、治療戦略を用いていくことが、より望ましいのか、皆様とともに考えます。

【申し込みについて】
興味のある方であれば、どなたでも参加可能です。
参加ご希望の方は必要事項を記入の上、下記までメールください。

※必要事項:
申し込みはメールでお願い致します。
gifu_nousocchuu_reha_kenkyuukai@yahoo.co.jp
・件名を「第14回定期勉強会参加希望」としてください。
・氏名
・業種
・所属
・連絡可能なメールアドレス
・連絡可能な電話番号
・今回テーマに関する質問、意見、その他(勉強会中に使用致しますので、ご記入お願い致します)
 以上を明記してください。


不明な点がございましたら、管理人までメッセージ下さい。
皆様のご参加、心よりお待ちしておりますm(._.)m
スポンサーサイト
岩砂病院が新しく生まれ変わります!
【新病院移転のお知らせ】
岩砂病院第一と岩砂マタニティは、2012年2月1日より、ひとつの病院となり新たな病院として開院いたします。


病院名:岩砂病院・岩砂マタニティ
http://www.iwasa-hospital.com/
所在地:岐阜県岐阜市八代1-7-1
    (旧;パワーズさん跡地)
TEL:058-231-2631
FAX:058-294-1480

(クリックにて拡大図が確認できます)
新病院所在地


駐車場:北側駐車場(無料)と西側駐車場(有料:100円/時間)、南側駐車場(岩砂マタニティ専用)、身障者駐車場がございます。
(クリックにて拡大図が確認できます)
新病院駐車場図

※スギ薬局さんへの駐車、および近隣路上の無断駐車など、地域住民の皆様のご迷惑となる行為は、固くお断りしておりますので、ご容赦願います。    
※岐阜脳卒中リハビリテーション研究会主催、定期勉強会でのご利用の方は、必ず北側駐車場(無料)、もしくは西側駐車場(有料:100円/時間)をご利用頂きますよう、宜しくお願いいたします。
2012年の展望
皆様、あけましておめでとうございます。
2012年、岐阜脳卒中リハビリテーション研究会の展望を考えてみようと思います。



Vision
機能解剖から臨床応用へ、このconceptを徹底的に追求します。


リハビリテーションに限らず、人に関わるということは、分からないことだらけです。
ですが、今証明されていることですら、知ろうとせずして、
『分からない』と言うのは、科学を拠り所とするリハビリテーション職として、あまりに無責任であると感じます。
機能解剖から問題点を見直し、脳卒中リハビリテーションへの関わり方を考えます。


Rule
豊富なdiscussionのもと、理論の共通認識を深めます。


どんなに優れた勉強会でも、ウトウトしながら受講していたのでは意味がありませんね。
最終的には自分の学ぶ姿勢次第で、得るものが違うのは言わずもがな、です。
皆様との会話の中で、一人では考えようもなかった思考に至ることもあるかもしれません。
議論し、アイディアを出し合うことも『すべては患者様のために』なのです。


Plan
継続的な定期勉強会の実施と、人材の育成を行います。


これまで、いくつかの定期勉強会を開催し、そこから学ぶものは数多くありました。
しかしそれ以上に、理論の未熟さ、矛盾、無知であるということを痛感させられました。
それは文献からの示唆だけでなく、多くの人との関わりの中で、気付かされてきました。
今後も、より一層の継続と、熱いマインドを持った仲間と共に精進して参ります。



今年も、岐阜脳卒中リハビリテーション研究会を、どうぞよろしくお願いいたします。
坪井 祥一
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。