岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201302<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201304
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●第25回定期勉強会のお知らせ●
●岐阜脳卒中リハビリテーション研究会主催●
●第25回定期勉強会のお知らせ●


【テーマ】
トーク 脳卒中の運動療法


【日時】
H25年5月18日(土)
18:30~20:30(予定)
※日時が変更になりました。ご了承くださいませ。

【場所】
平成24年2月1日より、岩砂病院は新病院へ移転いたしました!
会場をお間違えのないよう、ご注意ください。

※なお、定期勉強会参加の方は必ず北側駐車場(無料)もしくは西側駐車場(100円/時間)をご利用頂きますよう、宜しくお願いいたします。
詳しくは、コチラをご覧ください↓
http://gifunousocchuureha.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

医療法人社団友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 3Fリハビリテーション室
(〒502-0812 岐阜県岐阜市八代1-7-1)
http://www.iwasa-hospital.com/access/index.html

【受講費】
無料

【定員】
10名 ※先着順

【コーディネーター】
坪井 祥一
(PT | 医療法人社団友愛会 岩砂訪問看護ステーション)
淺川 義堂
(PT | 医療法人社団友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ)
山田 竜也
(PT | 医療法人社団友愛会 岩砂訪問看護ステーション)


【内容】
前回好評頂いた「トーク 脳卒中」。
今回は僕たちのリアリティである、その“運動療法”について語り合います。

・脳卒中患者に対する歩行は、安定性優先? それとも歩容優先?
・リハビリ40分のうち、どの訓練に何分かけてる?
・脳卒中患者に対する筋力訓練はどんどんやった方がいい? …etc

皆様のご参加をお待ちしております。


【申し込みについて】
定員がありますので、先着順とさせて頂きます。
参加ご希望の方は必要事項を記入の上、下記までメールください。

※必要事項:
参加ご希望の方は、必ずメールにて事前申し込み下さいませ。
事前申し込みのない方は、大変恐縮ではございますが、参加して頂けない場合がございます。
ご了承下さい。


申し込みはメールでお願い致します。
gifu_nousocchuu_reha_kenkyuukai@yahoo.co.jp
・件名を「第25回定期勉強会参加希望」としてください。
以下、必須記入でお願い致します。
・氏名
・業種
・経験年数
・所属
・連絡可能なメールアドレス
・連絡可能な電話番号


不明な点がございましたら、管理人までメッセージ下さい。
皆様のご参加、心よりお待ちしておりますm(._.)m
スポンサーサイト
○ニューロリハビリテーション研究会 第1回勉強会が行われました○
【 Japanese Society for NeuroRehabilitation / ニューロリハビリテーション研究会 】
第1回勉強会が開催されました。


河村 章史 先生、吉田 慎一 先生をはじめとした素晴らしいメンバー方が集まり、
クローズドな勉強会が行われました。

今回私も、
「気持ちの問題」と題し、
前頭前野、扁桃体、側座核、強化学習などをキーワードに認知・情動面について話しました。

他にも、
・脊髄性筋萎縮症に対するスイッチ研究
・麻痺側上肢に対する電気刺激と課題志向型アプローチの併用
・東日本大震災からみた認知症
・脳画像の無料解析ソフトの紹介
・臨界期
・構造構成学 …etc
など盛り沢山の内容で、熱いディスカッションが繰り広げられました。
次回が楽しみです。


日時:
2013/03/24

場所:
平成医療専門学院 (岐阜県岐阜市)

参加者:
7名

講義:
1名につき各30分 (20分発表、10分質疑応答)

方法:
参加者全員が発表し、質疑応答に参加します。


ご興味のある方は、是非ご連絡ください。
○5月bridgeにて発表します○
5月bridgeにて発表します。
皆様お越し下さいませ。


日時:
5/19(日)
10:00〜16:30

場所:
刈谷市中央生涯学習センター(刈谷市総合文化センター内)

テーマ:
患者のための連携とは何か−臨床現場のセラピストができること、していること

講師:
・堀山貴之PT:リハビリデイサービスおんじぃのへや、motivate代表

・坪井祥一PT:訪問リハ、岐阜脳卒中リハビリテーション研究会代表

・杉戸真PT:回復期病棟、リハビリテーションの現場から

・bridge管理人様

内容:
・各講師のそれぞれの立場から見た現場の現状とそれに対する私見や取り組み:各1時間〜1時間半
・講師陣+参加者の質問やご意見を加えてのディスカッション

定員:
60名

参加費:
2000円

詳細、申し込みについてはコチラ
○第23回 岐阜県理学療法学会にて発表します○
●第23回 岐阜県理学療法学会にて発表します●
当研究会からは4演題の発表となります。

また特別講演(市民公開講座)として、千里リハビリテーション病院 副院長の吉尾 雅春先生にお越し頂き、
「知れば知るほどおもしろい脳の話」と題し、ご講演頂きます。
是非、ご参加ください。


○演題名:右視床出血患者に対する理学療法の一考察
〜大脳-小脳連関・セルフエクササイズに着目して〜


○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂訪問看護ステーション 山田 竜也

○発表時間帯:第6セッション 第3会場 14:00〜

○座長:千鳥 司浩 (中部学院大学)



○演題名:重度運動麻痺・半側空間無視を呈した症例に対し、意図性を重視した歩行訓練の展開
〜神経解剖学を視点とした介入方法の考察〜


○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 淺川 義堂

○発表時間帯:第6セッション 第3会場 14:00〜

○座長:千鳥 司浩 (中部学院大学)



○演題名:覚醒向上に対して、網様体賦活系を利用し抗重力活動を実施した一症例

○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 西尾 知江子

○発表時間帯:第6セッション 第3会場 14:00〜

○座長:千鳥 司浩 (中部学院大学)



○演題名:慢性失調性片麻痺患者に対する意識経験に着目した運動療法の一考察

○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂訪問看護ステーション 坪井 祥一

○発表時間帯:第7セッション みのぎくホール(第1会場) 15:10〜

○座長:岩島 隆 (岐阜保健短期大学)




【第23回 岐阜県理学療法学会】

開催日:平成25年3月10日(日)

開催場所:岐阜県 羽島市文化センター
     〒501-6244 岐阜県羽島市竹鼻町丸の内6丁目7番地
     TEL 058-393-2231

テーマ:「 みる 〜理学療法における観察・分析〜」

主催:社団法人 岐阜県理学療法士会

運営事務局:医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ リハビリテーション科
      〒502-0812 岐阜県岐阜市八代1丁目7番1
TEL 058-231-2631
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。