岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月Bridge「心を脳科学、行動分析から考える」で話します。
5月Bridgeで話します。
詳細は以下(Bridge様blogより転載)です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5/18(日) 10:00-16:00

 「心を脳科学、行動分析から考える」

場所:刈谷市中央生涯学習センター(刈谷市総合文化センター内)

参加費:2000円

定員:50人(先着順)

講師:
「心と脳科学」

 坪井 祥一PT:岐阜脳卒中リハビリテーション研究会 代表

 
「心と行動の関係性」

 Bridge管理人



 心、という壮大なテーマです。リハビリの現場において、目に見える動作を観察し、問題点を抽出していくことは大切です。でも患者さんは、個性を持った人です。患者さんの動きや行動には意味があります。またこちらの関わり方1つで、同じ介入でも変化が異なることがあります。

 なぜそうゆうことが起こるのか。心のことを知ると、少し理解ができるかもしれません。またそれを現場でどう活かすのか、講師はどう活かしているのか?そんなお話ができたらと思います。

 今回は様々な病院、勉強会で講師をされている坪井先生とコラボして、皆さんと心について考えようと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お申し込みは先着順で、すでに半数埋まっていますので、
お申し込みはお早めに!


申し込み・詳細はコチラ↓
http://bridgetherapist.blog81.fc2.com/blog-entry-420.html
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。