岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳祭りVol.2が開催されました。
2年ぶり、2度目の「脳祭り」が、開催されました。


脳祭りVol.2

日時|2014年12月20日(土) 9:00-17:00
場所|刈谷市中央生涯学習センター 501.502.503会議室
参加人数|100名
参加費|6000円

内容|
9:30-11:00
脳科学の知見を臨床に活かすためのポイント
坪井 祥一,岐阜脳卒中リハビリテーション研究会

11:10-12:40
重度脳卒中患者に対するチームアプローチの実際
佐野 知康,カッサーノのニューロリハ,BRAIN

13:30-15:10
片麻痺症例に対する歩行獲得戦略の実際 -理想と現実-
小松 洋介,Bridge代表講師

当日の詳しい様子はコチラをクリック‼︎

今回は、当研究会がこれまで定期勉強会で学んできた、
一次運動野/運動前野を中心とした運動機能の話、
腹側被蓋野や小脳を中心とした運動学習の話、
扁桃体や前頭前野を中心とした情動・心の話、
などを聞いて頂きました。

今回も多くのみなさまにお越し頂け、心から感謝すると共に、
多くの仲間と、こうして学び続けられていることを、とても嬉しく思います。

と同時に、
一昨年からずっと待っていて下さった方々の
期待の大きさになかなか応えることができず、
個人的には反省しきりです。

まだまだ修行が足りません。
頑張ります。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。