岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島県にてBridgeが開催されました。
福島県にてBridgeが開催されました。


テーマ|
BRAIN×BODYから考える、我々は脳卒中片麻痺患者に何ができるのか?

日時|2015年1月25日(日) 9:00-16:00
会場|ユラックス熱海 第2・3会議室 (福島県郡山市)
定員|40名
参加費|8000円

内容|
■ 脳機能からみた脳卒中リハビリテーション

坪井 祥一
理学療法士7年目
岐阜脳卒中リハビリテーション研究会代表
Bridge講師


脳の損傷によって引き起こされる脳卒中という病態は、
運動麻痺や感覚障害のみならず、高次脳機能障害や精神心理的な問題など、
非常に多彩な症状を引き起こすことが知られています。

それらは、
取り巻く周囲の人的(家族や医療・介護スタッフ)あるいは物理的(道具や住まい)環境などを含めた、
社会的な背景因子によっても、
自立した生活能力を低下させるなど、しばしば問題点を複雑化させるようです。
リハビリテーションの専門家である僕たちは、
脳の機能に基づいた臨床推論を学ぶことによって、
絡み合う問題たちを少しずつ紐解いていくことができるかもしれません。

今回は、脳の機能からみた脳卒中のリハビリテーションについて、みなさまと一緒に考えます。


■ 運動麻痺に対する治療戦略

小松 洋介
理学療法士10年目
Bridge事業部|Bridge代表講師


知識・理論・技術はツールの1つ
活用するのは、患者の眼の前にいるアナタ。

運動麻痺の治療戦略を立てる上で、
運動回復や随意運動のメカニズム、運動学習など様々な知見を知ることは大切です。
また技術を磨くことも必要です。

でもそれらの知識や技術は結果に結びついていますか?

運動麻痺の治療において、求めるべき結果とは何でしょうか?
ただわずかにアライメントや筋緊張、筋収縮、感覚鈍麻が良くなれば良いのでしょうか?
それともADLが自立になれば良いのでしょうか?
私は、「私たちの関わりによって、いかに患者の今後の生活・人生が良くなるか」だと考えています。

そしてそのためには「患者の潜在能力を見つけ出し、ADLに汎化・定着する」
「介入による変化が今後の生活・人生に有益でより多くの選択肢や可能性を生み出す」ことが
必要だと考えています。

私たちセラピストは何ができるのか?症例・実技を通じて一緒に考えましょう。


当日の詳しい様子はコチラ


福島あんこの会、しずさんの多大なるお力添えにより、
http://ankonokai.ni-3.net
Bridgeがなんと愛知県を飛び出し、
東北は福島県にて、お話して参りました。

改めて、あんこの会、しずさんには深く深く、深く感謝申し上げます。


今回は、
運動関連領野を中心に、運動機能回復の手続きや運動学習について、
頭頂葉を中心に、身体表象や左右半球の側性化について、
大脳辺縁系を中心に、他者との関わりや、セラピストとしての在り方について、
個人的経験を交えながら、みなさまに聴いて頂きました。
また、
ワークショップも交えながら、
学びを他者に伝える難しさ、他者を賞賛することの難しさ、
などについても、合わせてご体感頂きました。

福島の方々のとてもあったかい眼差しに、
こちらが逆に背中を押され、胸いっぱいの福島Bridgeとなりました。

有難うございました。
一生の思い出‼︎

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。