岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●第35回定期勉強会のお知らせ●
●岐阜脳卒中リハビリテーション研究会主催●
●第35回定期勉強会のお知らせ●



【テーマ】
逝き方を考えて、生き方に寄り添う在宅リハビリテーション


【日時】
H27年4月10日(金)
18:30~20:30(予定)


【場所】
これまでの会場と異なります‼︎
会場をお間違えのないよう、くれぐれもご注意ください。

協和ケミカル株式会社 キョーワグループ本社ビル内 6階セミナールーム
(〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉2-26-2)
http://www.kyowa-chemical.co.jp/company/

アクセス方法|
名古屋駅より地下鉄桜通線「徳重行」にて「高岳(たかおか)駅」下車、
1番出口より、徒歩約2分

駐車場|
専用駐車場はございません。
近郊コインパーキング(有料)をご利用くださいませ。

【受講費】
無料

【定員】
なし

【プレゼンテーター】
谷口 一樹
(PT |船戸クリニック 訪問看護ステーション天の星 )


【内容】
「右肩下がりの理学療法」に対し、我々はどう対峙するのか。
理学療法士協会、半田会長の言葉です。

ここで言う「右肩下がり」とは、
これまでの機能回復を目指した運動療法を行う局面(右肩上がり)ではない、
ひとりの人生が静かに終焉を迎えようとしている(右肩下がり)局面であることの意、を指します。

誰もが必ず訪れる“死”と向き合い、
リハビリテーション専門家として、どうクライアントをお支えするのか。
最期の人生を全うしようとするその背中は、もう待ったなし、です。

今回は、
訪問リハビリテーションに関わるセラピストとして身につけておきたい、
・在宅ならではのリハビリの考え方、
・リハビリマネジメントの実際、
・看取りに向かう心構え、
など、事例を交えながらお話しします。


【申し込みについて】
※必要事項:
参加ご希望の方は、必ず以下の必要事項を記入の上、メールにて事前申し込み下さいませ。


gifu_nousocchuu_reha_kenkyuukai@yahoo.co.jp

件名を、
・ご参加希望の方は、「第35回定期勉強会参加希望」としてください。

以下、必須記入でお願い致します。
・氏名
・業種
・経験年数
・所属
・連絡可能なメールアドレス
・連絡可能な電話番号


不明な点がございましたら、メッセージ下さい。
皆様のご参加、心よりお待ちしておりますm(._.)m
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。