岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●第15回定期勉強会のお知らせ●
●岐阜脳卒中リハビリテーション研究会主催●
●第15回定期勉強会のお知らせ●


【テーマ】
岐阜脳卒中リハビリテーション研究会の考えるケーススタディ

【日時】
H24年3月17日(土)
18:30~20:30(予定)

【場所】
平成24年2月1日より、岩砂病院は新病院へ移転いたしました!
会場をお間違えのないよう、ご注意ください。

※なお、定期勉強会参加の方は必ず北側駐車場(無料)もしくは西側駐車場(100円/時間)をご利用頂きますよう、宜しくお願いいたします。
詳しくは、コチラをご覧ください↓
http://gifunousocchuureha.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

医療法人社団友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 3Fリハビリテーション室
(〒502-0812 岐阜県岐阜市八代1-7-1)

【受講費】
無料

【プレゼンテーター】
淺川 義堂
(PT 医療法人社団友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ リハビリテーション科)

坪井 祥一
(PT 医療法人社団友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ リハビリテーション科)

【内容】
脳卒中リハビリテーションについての研究や論文、症例報告は、これまでに大変数多く散見され、我々が臨床を行なうにあたっては、大変有用なものばかりであると思います。

当研究会におきましても、「機能解剖から臨床応用へ」をメインテーマに掲げ、日々の臨床に対する姿勢を見直し、取り組んでまいりました。

そんな中、いつも感じるのは、お一人お一人の患者様を丁寧に見ていく重要性です。

今回は、これまで学んだ脳機能解剖を応用し症例を診る=実際のケースを通しながら、ケーススタディの重要性を考えます。


○ケース1○重度失語・失行症を合併した重症片麻痺症例に対する運動療法の展開
 (医療法人社団 友愛会 岩砂病院 淺川 義堂)

○ケース2○左内包後脚ラクナ梗塞症例に対する理学療法の一考察 ~内包を中心とした機能メカニズムに着目して~
 (医療法人社団 友愛会 岩砂病院 坪井 祥一)


【申し込みについて】
興味のある方であれば、どなたでも参加可能です。
参加ご希望の方は必要事項を記入の上、下記までメールください。

※必要事項:
申し込みはメールでお願い致します。
gifu_nousocchuu_reha_kenkyuukai@yahoo.co.jp
・件名を「第15回定期勉強会参加希望」としてください。
・氏名
・業種
・所属
・連絡可能なメールアドレス
・連絡可能な電話番号
・今回テーマに関する質問、意見、その他(勉強会中に使用致しますので、ご記入お願い致します)
 以上を明記してください。


不明な点がございましたら、管理人までメッセージ下さい。
皆様のご参加、心よりお待ちしておりますm(._.)m
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。