岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他勉強会のお知らせ 〜脳外臨床研究会地域別講習会〜in岐阜
他勉強会のお知らせです。



〜脳外臨床研究会地域別講習会〜in岐阜

「ニューロリハビリテーションにおける画像の見方と予後予測 Part 1」

当研究会は大阪府の東大阪市を中心に関西にて脳外科のリハビリについての講習会を行っています。内容は脳の機能解剖と脳画像の見方、脳外のための触診勉強会、ハンドリング勉強会、筋骨格系勉強会など、多岐に渡り、毎回80人以上のセラピストの先生が参加しておられます。
また、今回の講師である山本秀一朗先生は、森之宮病院や県外の勉強会にも外部講師として招かれ、2年間に渡り講師としての活動を行っています。
今回岐阜での講習会では、近年話題のニューロリハビリテーションと脳画像の見方について、みなさんと勉強できればと考えています。
    
時 間 : 平成25年1月13日(日)
講 師 : 脳外臨床研究会 代表 山本秀一朗
会 場 : 平成医療専門学院 講堂
会 費 : 3000円

内容     
13:00~受付開始
13:30~14:00 
画像を見る必要性について
CT/MRIの見方・脳梗塞と脳出血

以降は脳スライス画像と機能解剖の講義・ディスカッションを行います
14:10~16:00 
頭頂レベル:一次運動野と錐体路
    半卵円中心レベル:身体概念・身体像・身体図式の違いとは?
    側脳室体部レベル:放線冠での損傷・上縦束と半側空間無視
    基底核レベル:大脳基底核の機能と臨床像
16:00~16:15 質疑応答
16:30 終了

お申し込みは下記URLにアクセスして下さいますよう、宜しくお願いいたします。
勉強会詳細

参加申し込み


※お申し込みは脳外臨床研究会に直接お申し込みくださいませ。
※岐阜脳卒中リハビリテーション研究会への申し込みではありませんので、ご注意願います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。