岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○第23回 岐阜県理学療法学会にて発表します○
●第23回 岐阜県理学療法学会にて発表します●
当研究会からは4演題の発表となります。

また特別講演(市民公開講座)として、千里リハビリテーション病院 副院長の吉尾 雅春先生にお越し頂き、
「知れば知るほどおもしろい脳の話」と題し、ご講演頂きます。
是非、ご参加ください。


○演題名:右視床出血患者に対する理学療法の一考察
〜大脳-小脳連関・セルフエクササイズに着目して〜


○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂訪問看護ステーション 山田 竜也

○発表時間帯:第6セッション 第3会場 14:00〜

○座長:千鳥 司浩 (中部学院大学)



○演題名:重度運動麻痺・半側空間無視を呈した症例に対し、意図性を重視した歩行訓練の展開
〜神経解剖学を視点とした介入方法の考察〜


○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 淺川 義堂

○発表時間帯:第6セッション 第3会場 14:00〜

○座長:千鳥 司浩 (中部学院大学)



○演題名:覚醒向上に対して、網様体賦活系を利用し抗重力活動を実施した一症例

○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 西尾 知江子

○発表時間帯:第6セッション 第3会場 14:00〜

○座長:千鳥 司浩 (中部学院大学)



○演題名:慢性失調性片麻痺患者に対する意識経験に着目した運動療法の一考察

○筆頭演者:医療法人社団 友愛会 岩砂訪問看護ステーション 坪井 祥一

○発表時間帯:第7セッション みのぎくホール(第1会場) 15:10〜

○座長:岩島 隆 (岐阜保健短期大学)




【第23回 岐阜県理学療法学会】

開催日:平成25年3月10日(日)

開催場所:岐阜県 羽島市文化センター
     〒501-6244 岐阜県羽島市竹鼻町丸の内6丁目7番地
     TEL 058-393-2231

テーマ:「 みる 〜理学療法における観察・分析〜」

主催:社団法人 岐阜県理学療法士会

運営事務局:医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ リハビリテーション科
      〒502-0812 岐阜県岐阜市八代1丁目7番1
TEL 058-231-2631
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。