岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
―その拠点は岐阜。  脳卒中リハビリテーションを、“机上の空論”や“小手先のHowto”だけでなく、「機能解剖から臨床応用へ」と繋ぐべく、活動していきます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上半期総括、下半期展望
7月になりました。
平成24年も早いもので、上半期が過ぎ、下半期が始まりました。


そこで、岐阜脳卒中リハビリテーション研究会の上半期を総括し、
下半期の展望を考えてみようと思います。
平成24年1月に掲げた目標を元に振り返ってみます。



Vision
機能解剖から臨床応用へ、このconceptを徹底的に追求します。


○第13回○平成24年1月○整形外科リハビリテーションから考える脳卒中理学療法
○第14回○平成24年2月◯脳卒中理学療法と作業療法の変遷 ~これまでと、これから~
○第15回○平成24年3月◯岐阜脳卒中リハビリテーション研究会の考えるケーススタディ
○第16回○平成24年4月◯重症脳卒中患者に対する運動療法の考え方と、その実践
◯第17回◯平成24年5月○機能解剖から考える手続き記憶のリハビリテーション
◯第18回◯平成24年6月○脳機能解剖からみた姿勢制御

このように、
これまで(昨年)積み上げてきた脳の要素的機能から発展し、
応用的な臨床思考を、追求することができました。
しかし、捉えようとすればするほど、臨床応用の難しさ、矛盾点にぶつかるようになりました。
ただ、まだまだ私たち自身が分からないことが多く、
今後もより一層、脳機能解剖を臨床応用するあくなき追求と、
これまでの情報のup dateを図って参りたいと思います。


Rule
豊富なdiscussionのもと、理論の共通認識を深めます。


第13〜18回定期勉強会では、これまでにはなかった
ディスカッションの時間を出来るだけ多く取れるよう、努めました。
18:30〜20:30の開催時間のうち、おおよそ40分程はディスカッションの時間となっていたと思います。
ディスカッションを行うことで、自分も気づけなかった問題に新たに気づく事ができ、
大変有意義な時間となったように個人的に感じています。
今後も参加の皆様のコンセンサスを高め、より良質なディスカッションが行えるよう、
努めて参ります。


Plan
継続的な定期勉強会の実施と、人材の育成を行います。


大変ありがたいことに、当定期勉強会に継続参加して頂ける先生方もいらっしゃいます。
中には臨床経験1〜3年目の先生も多く、若手の先生方の情熱に圧倒されております。
当研究会でも着々と人材が育っており、

◯第19回◯平成24年7月21日(土)○大脳辺縁系 | 山田 竜也 (2年目,PT 岩砂訪問看護ステーション)
http://gifunousocchuureha.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

◯第20回◯平成24年9月1日(土)○注意とワーキングメモリ | 増田 優作 (3年目,PT 岩砂病院・岩砂マタニティ)
http://gifunousocchuureha.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

と、2〜3年目の若手が、大変頼もしいことになっております。
内容も、かなりハイレベルで、有意義な定期勉強会になること間違いなしです。
今後も岐阜脳卒中リハビリテーション研究会の未来を担う人材の育成と、
コミュニティの発展、患者様への還元のために、尽力致します。



これら岐阜脳卒中リハビリテーション研究会の中核理念を下半期も継続し、
更なるグレードアップをしていけますよう、精進して参ります。

また、
他勉強会様への外部講演をさせて頂いたり、コラボレーション勉強会の開催なども、
積極的に開催していく予定です。


今後も岐阜脳卒中リハビリテーション研究会をよろしくお願いいたします。



岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
坪井 祥一 PT 5年目 | 岩砂訪問看護ステーション
淺川 義堂 PT 4年目 | 岩砂病院・岩砂マタニティ
増田 優作 PT 3年目 | 岩砂病院・岩砂マタニティ
山田 竜也 PT 2年目 | 岩砂訪問看護ステーション
平成24年度、開幕!!
新年度です。

岐阜脳卒中リハビリテーション研究会も、新たな顔ぶれで、望みます。

当研究会が目指す方向性を、以下に示します。



Vision
機能解剖から臨床応用へ、このconceptを徹底的に追求します。


リハビリテーションに限らず、人に関わるということは、分からないことだらけです。
ですが、今証明されていることですら、知ろうとせずして、
『分からない』と言うのは、科学を拠り所とするリハビリテーション職として、あまりに無責任であると感じます。
機能解剖から問題点を見直し、脳卒中リハビリテーションへの関わり方を考えます。


Rule
豊富なdiscussionのもと、理論の共通認識を深めます。


どんなに優れた勉強会でも、ウトウトしながら受講していたのでは意味がありませんね。
最終的には自分の学ぶ姿勢次第で、得るものが違うのは言わずもがな、です。
皆様との会話の中で、一人では考えようもなかった思考に至ることもあるかもしれません。
議論し、アイディアを出し合うことも『すべては患者様のために』なのです。


Plan
継続的な定期勉強会の実施と、人材の育成を行います。


これまで、いくつかの定期勉強会を開催し、そこから学ぶものは数多くありました。
しかしそれ以上に、理論の未熟さ、矛盾、無知であるということを痛感させられました。
それは文献からの示唆だけでなく、多くの人との関わりの中で、気付かされてきました。
今後も、より一層の継続と、熱いマインドを持った仲間と共に精進して参ります。




以上3つのコンセプトを踏まえていくために、


○今年度の定期勉強会は少人数・定員制(原則先着順)とさせていただく場合がございます。

○毎月第2土曜、18:30~(もしくは19:00~)に定期勉強会開催日を固定します。

○参加者の皆様には“ポジ出し(「自分なら、こうする」という前向きな提案を提示すること)”を期待します。


よって、
もし、「毎月開催される定期勉強会に、毎回参加したい(もしくは参加できる)。」
という方がいらっしゃいましたら、当研究会メールアドレスまで、ご一報ください。
gifu_nousocchuu_reha_kenkyuukai@yahoo.co.jp

・件名は「研究会会員希望」としてください。
・氏名
・所属
・職種
・経験年数
・連絡可能なメールアドレス

以上を必ず明記してください。

当研究会会員として、優先的にご連絡・ご参加いただけますよう、配慮いたします。

また18:30~では業務上間に合わないので、19:00~なら毎回参加できるよ!という声もございましたら、
お寄せください。



今年度は、

●某有名セミナーの伝達(3回シリーズを予定、7月・10月・1月ごろを開催予定)

●機能解剖から考える、生活期における脳卒中のリハビリテーション

●神経難病のリハビリテーション

●機能解剖から考える、手続き記憶(運動学習)のリハビリテーション
 ~小脳と大脳基底核を中心に~

●脳の側性化(ラテラリティ)とリハビリテーション

●姿勢制御と運動療法


などを予定しております。


今後も、2年目~5年目PTを中心として精力的に、活動してまいります。
宜しくお願いいたします。
岩砂病院が新しく生まれ変わります!
【新病院移転のお知らせ】
岩砂病院第一と岩砂マタニティは、2012年2月1日より、ひとつの病院となり新たな病院として開院いたします。


病院名:岩砂病院・岩砂マタニティ
http://www.iwasa-hospital.com/
所在地:岐阜県岐阜市八代1-7-1
    (旧;パワーズさん跡地)
TEL:058-231-2631
FAX:058-294-1480

(クリックにて拡大図が確認できます)
新病院所在地


駐車場:北側駐車場(無料)と西側駐車場(有料:100円/時間)、南側駐車場(岩砂マタニティ専用)、身障者駐車場がございます。
(クリックにて拡大図が確認できます)
新病院駐車場図

※スギ薬局さんへの駐車、および近隣路上の無断駐車など、地域住民の皆様のご迷惑となる行為は、固くお断りしておりますので、ご容赦願います。    
※岐阜脳卒中リハビリテーション研究会主催、定期勉強会でのご利用の方は、必ず北側駐車場(無料)、もしくは西側駐車場(有料:100円/時間)をご利用頂きますよう、宜しくお願いいたします。
2012年の展望
皆様、あけましておめでとうございます。
2012年、岐阜脳卒中リハビリテーション研究会の展望を考えてみようと思います。



Vision
機能解剖から臨床応用へ、このconceptを徹底的に追求します。


リハビリテーションに限らず、人に関わるということは、分からないことだらけです。
ですが、今証明されていることですら、知ろうとせずして、
『分からない』と言うのは、科学を拠り所とするリハビリテーション職として、あまりに無責任であると感じます。
機能解剖から問題点を見直し、脳卒中リハビリテーションへの関わり方を考えます。


Rule
豊富なdiscussionのもと、理論の共通認識を深めます。


どんなに優れた勉強会でも、ウトウトしながら受講していたのでは意味がありませんね。
最終的には自分の学ぶ姿勢次第で、得るものが違うのは言わずもがな、です。
皆様との会話の中で、一人では考えようもなかった思考に至ることもあるかもしれません。
議論し、アイディアを出し合うことも『すべては患者様のために』なのです。


Plan
継続的な定期勉強会の実施と、人材の育成を行います。


これまで、いくつかの定期勉強会を開催し、そこから学ぶものは数多くありました。
しかしそれ以上に、理論の未熟さ、矛盾、無知であるということを痛感させられました。
それは文献からの示唆だけでなく、多くの人との関わりの中で、気付かされてきました。
今後も、より一層の継続と、熱いマインドを持った仲間と共に精進して参ります。



今年も、岐阜脳卒中リハビリテーション研究会を、どうぞよろしくお願いいたします。
坪井 祥一
2011年を振り返る
岐阜脳卒中リハビリテーション研究会、2011年を振り返ってみようと思います。


【2011年に開催された定期勉強会】
○第3回○平成23年1月○頭頂葉

○第4回○平成23年2月○視床

○第5回○平成23年4月○脳卒中における長下肢装具療法

○第6回○平成23年5月○前頭前野

○第7回○平成23年6月○失行

○第8回○平成23年7月○理学療法からみた言語機能

○第9回○平成23年8月○高次脳機能と理学療法

○第10回○平成23年10月○脳画像のみかた

○第11回○平成23年11月○岐阜脳卒中リハビリテーション研究会の考える運動療法の構築

○第12回○平成23年12月◯小脳


こうして振り返って見ると、2011年は、あっという間に終わってしまいました。
そしてPTになって4年目ですが、一番実りのある時間を過ごせたようにも感じています。

恩師から、
『脳卒中リハに関わっているあなた(たち)自身が、
脳卒中について何も知らないことを、一番知っているのではないのですか?』
と問うてくれたことから、すべてが始まりました。

そしてあれから一年半、岐阜脳卒中リハビリテーション研究会の活動を通して、
自分は“まだ何も知らない”ということを、“知る”結果となりました。

しかし世の中には、もっともっと患者様と真摯に向き合い、救おうとしている人たちがいるということを、
同時に“知る”ことができました。

今年の、多くの人々との出会いや経験は、自分を成長させてくれた財産です。
ありがとうございました。

感謝‼



岐阜脳卒中リハビリテーション研究会
坪井 祥一
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。